• HOME
  • 障害年金の受給額

障害年金の受給額

障害年金は、種類に応じて受給額が異なります。

(1)障害基礎年金

障害基礎年金の年金額(平成24年度)

障害基礎年金・1級・・・ 983,100円(2級×1.25)+*子の加算
障害基礎年金・2級・・・ 786,500+*子の加算円

子の加算額について

受給権者がその権利を取得した当時、扶養していた(その者によって生計を維持していた)子(※)があるときは、の数に応じ次の額が加算されます。
 
● 加算額
1人目、2人目の子 ・・・・ 1人につき226,300円
3人目以降の子 ・・・・・・・・ 1人につき 75,400円
 
※この場合の「子」とは下記に限ります
●18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
●20歳未満で障害等級1級または2級の障害者
 

(2)障害厚生年金

1級

(*報酬比例の年金額) × 1.25 +障害基礎年金1級〔+ 配偶者の加給年金額(226,300円)

2級

(*報酬比例の年金額) +障害基礎年金2級〔+ 配偶者の加給年金額(226,300円)

※2級以上の報酬比例の年金額には、3級にはある最低保障額はなく、

589,900円未満となる場合があります。

3級

(*報酬比例の年金額) ※最低保障額 589,900円

障害手当金    *報酬比例の年金額の2年分 ※最低保証額 1,150,200円

障害手当金 *報酬比例の年金額の2年分 ※最低保証額 1,150,200円

 

(3)障害基礎年金

1級    786,500円×1.25(=983,100円)+*子の加算
2級    786,500円+*子の加算

*子の加算(H24年4月~)
第1子・第2子    各 226,300円
第3子以降    各 75,400円

報酬比例の年金額(平成24年度)=(**平均標準報酬月額×0.75%×    2003年3月までの加入月数+***平均標準報酬額×0.5769%×2003年4月からの加入月数    )×1.031×0.978

※障害手当金に関しては、(1.031×0.978)は乗じません。

**平均標準報酬月額=厚生年金に最初に加入した月(最初に就職した会社の最初の月)から平成15年3月までの全加入期間の各月の*標準報酬月額に、各期間ごとの再評価率(物価上昇率などにより、その額を現在の貨幣価値に換算するための数字)を掛けた額の総額を、平成15年3月までの加入期間の月数で割った額。
会社が変わってもすべての加入期間分が平均されます。

***平均標準酬額    =平成15年4月以後の全被保険者期間の各月の標準報酬月額と標準賞与額に各期間ごとの再評価率を掛けた額の総額を、平成15年4月以後の全被保険者期間の月数で割った額(賞与を含めたほぼ平均月収)

※被保険者期間が300月(25年)に満たない場合は、300月とみなして計算します。
また、障害認定日の属する月後の被保険者期間は、年金額計算の基礎には含めません。



障害年金の受給について

障害年金の受給額

障害年金受給のポイント

障害年金の受給要件
女性テキスト.pngのサムネール画像のサムネール画像



障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg